イーサリアムのDAPPSとは

DAPPSとは

DappsはDecentralized Applicationsの略で、分散型アプリケーションを意味します。従来のスマートフォンで使っているアプリは開発者がサーバーを用意し、ユーザーがそこにアクセスするという仕組みでした。

Dappsは仮想通貨のブロックチェーン同様にP2Pの分散型サーバーですので開発者がサーバーを用意する必要がありません。そのアプリを利用するみんなでサーバーを作るような仕組みです。

流行ったアプリはあるのか?

イーサリアム上で流行ったDAPPSはクリプトキティーズという猫を育てて売買ができるという育成ゲームです。2017年11月にリリースされ、猫の売買はイーサ(ETH)が使われるが、売上は19億円を突破しました。1匹の猫に800万円以上の価格が付くこともありました。

最近では「ワールドオブイーサー」というカードを収集して戦わせるバトルゲームが話題になっています。流れとしてはETHを使用して卵を書い、孵化させてモンスターに育てます。新種の場合は報酬がもらえるケースもあるようです。

モンターにはレベルがあり、バトルで勝てば経験値がもらえます。これを繰り返して最大50までレベルアップが可能です。

DAPPSはゲームアプリだけ?

分散型アプリはゲームだけが目立ちますが、従来のアプリが分散型を目指しているケースもあります。いまはまだ1部分だけを分散化しているだけですが、いずれほとんどの既存アプリが分散化されるでしょう。

また証明書やクラウドサービス、予測市場(競馬・カジノなど)にもスマートコントラクトは利用出来ますので仲介役がいらなくなります。仲介業者がいなくなることで公平な取引が可能になるのです。身近なところでは宝くじも、できるようになるかもしれません。

予測市場で有名な仮想通貨はGnosis(GNO)とAugur(REP)です。オーガーは日本のコインチェックでも買えますが6月まで取引を中止にしています。

まとめ

DAPPSの開発はまだまだこれからです。今現在は技術的にブラウザでしか利用できませんし、スマホアプリで使えるようになるにはまだ月日がかかりそうです。

ブロックチェーンを利用した分散型アプリが世の中を良い方向に軌道修正してくれるのは間違いない事実です。公平性のあるクリーンな社会を作って欲しいものですね。

イーサリアムと似た仮想通貨

イーサリアムと似ているLISKとは

イーサリアムと構想が似ているとされるLISKですがどのような仮想通貨なのでしょうか。

LISKは仮想通貨としては後発組であり、2016年3月にICOが行われ上場しました。LISKはイーサリアムと同じスマートコントラクトを実装していますが、ブロックチェーン構造が全く違います。

LISKのブロックチェーンの話をする前にイーサリアムで起きたTHE DAOという事件を知って欲しいのです。

THE DAOとは

正直イーサリアムファンとしてはあまり語りたくない過去です。結果イーサリアム・クラシックと2つに分裂したのです。

THE DAOとはdecentralized autonomous organizationの略で、非中央集権という意味のプロジェクトです。DAOは非中央集権で投資ファンドを行う仕組みで、株式のように利益が出れば配当金を配るというものでした。

そしてDAOはイーサリアムのブロックチェーン上で稼働しています。イーサリアムやLISKは自身のブロックチェーン上で第三者がDAPPSという分散型アプリを形成することが出来ます。

そして2016年6月17日にDAOは脆弱性をつかれ当時のレートで43億円にあたるETHを不正送金されるという事件が起きました。もともと設定していた「28日間はアドレスから資金移動ができない」という仕組みのもとイーサリアム財団は議論します。

ブロックチェーンを事件の前まで戻してしまおうという意見と、ハードフォークして不正送金されたアドレスを凍結する意見、3つ目はなにもしないという議論でした。

結果ハードフォークすることが決まり冒頭の説明通り2つに分かれることになりました。

LISKはDAOの可能性はないのか?

LISKの最大の特徴といってもいいほどで「サイドチェーン」というブロックチェーン構造があります。サイドチェーンはメインのブロックチェーンと切り離すことによって、サイドチェーン上でTHE DAPのような不正送金が起きても本体のブロックチェーンにはなんの影響もないということです。

現在のイーサリアムの優位性位

LISKもとても素晴らしい構想の仮想通貨ですが、後発組のため開発にまだまだ時間はかかります。アプリ開発者たちに見せるブロックチェーン設計図のようなものをまだ配れていない現状があります。

一方イーサリアムは2014年からリリースされたため世界の認知度はとても高く、ビットコインにつぐ時価総額2位という位置をゆずることがなさそうだ。

しかしLISKにはjavaScriptでDAPPSが作れるという強みがある。イーサリアムは独自プログラムのSolidityで作る必要がある。既に世界中のプログラマーに浸透しているjavaScriptと比べると答えは明確だ。

2018年に大きくイーサリアムとLISKの関係が大きく変わることはないだろうが、2019年以降はわからない。計画が壮大な仮想通貨ほど未来は明るいので、その権威性は計り知れない。