カードローンにおける金利の仕組み

未分類

カードローンはカード会社と契約し、クレジットカードを手に入れることで利用できるフリーローンです。ローンには自動車ローンや住宅ローンといったものが有名ですが、カードローンには使い道が自由という大きな特徴があります限度額が30万円程度であれば、まだ就職していない学生であっても利用できるため非常に便利です。カードローンはその支払い方法によって金利が大きく変わることも大きな特徴となっています。(低金利カードローン)クレジットカードを使用して支払った額を一度に返済する一括払いでは、金利がほとんどかからないようになっており、返済総額で言えば最もお得です。

ただ、高額の買い物の際には一括払いをすることが困難なケースもあります。そこでよく利用されているのが分割払いです。分割払いでは月々に分散して返済を行う方法であり、1月あたりの負担を減らすことが出来ます。支払いの回数はカード会社にもよりますが、概ね2回から24回まで選択できることは多いです。1月につき1回の支払いを行うので、24回払いでは24ヶ月(2年)をかけて支払うことになります。支払いの回数によって金利が異なるので、その点に注意を払って何回払いにするかを決める必要があります。基本的には支払い回数が少なければ少ないほど金利が安く抑えられるので、 なるべく少ない回数で支払い切ることをおすすめします。他にも月々に決まった額を返済していくリボ払いという返済方法があります。この支払い方の場合は月々の返済額がほぼ一定であるため、負担は大きく軽減されますが分割払い以上の金利がかかることには注意が必要です。どの返済方法を選んだとしても金利は借入残高に直接かかる形で算出されます。それゆえ、月々の返済で借入残高を減せば減らすほど、実際にかかる金利は小さくなります。そのため、臨時収入などで支払える余裕が出てきた時には、思い切って借入残高を支払ってしまうことも非常に重要となります。

カードローンの様々な返済方法

未分類

カードローンの返済方法にはATMや口座引き落とし、ネットバンキングなどたくさんあります。店舗の窓口で返済するのが最も基本的ですが、これらは様々なライフスタイルを持つ顧客のニーズに合わせて金融機関が用意したサービスです。ATMによる返済は専用ATMだけでなく提携しているコンビニATMも使えるので、24時間利用できます。仕事が忙しくて朝早くや夜遅くにしか自由な時間が取れない人にも適しています。コンビニは利用頻度が多い人もいますが、ATMを使うと手数料を取られることもあるので注意します。時間がない時に利用する分には手数料も大きな損失にはなりませんが、返済するたびに手数料を払っていると完済した時に手数料だけでも大金になります。

専用ATMは手数料がかからないのが一般的なので、同じATMでもお金を節約できます。口座引き落としは自動的に返済が行われるので、口座にお金が入っていれば返済を延滞する恐れがありません。カードローンは返済を1日でも遅れてしまうと、金利が高くなってしまいます。また信用情報に延滞の記録が残るので、金融機関がお金を貸すのを拒否します。将来的に住宅ローンなどを組むことを考えている人は延滞は絶対に避けるべきなので、口座引き落としが安心です。きちんと引き落とされているかは通帳を確認すれば分かるので、定期的に記帳します。家族に黙ってカードローンを利用している場合、通帳を見られて利用がバレることがあるので通帳の管理は慎重に行わなければなりません。ネットバンキングは時間や場所を気にせずに返済したい人から人気があります。パソコンやスマートフォン、タブレットとインターネットに接続できる電子機器は多いので、自分が最も手軽に扱えるものでやり取りすると良いです。ネットバンキングでも通帳に記帳するようになっているので、他人にバレたくない人は通帳とパソコンやスマートフォンの中身が見られないように工夫します。

カードローンの審査を有利にする方法

未分類

カードローンの審査は金融機関が一方的に決めると考えている方が多いでしょうが、意外にも借り方が影響しているのです。例えば希望額を設定するのは借り手であり、10万円にするのも50万円にするのも自由です。この場合は少ない金額で申し込みしたほうが、間違いなく審査に通過できる確率は高くなります。金融機関としては高額の融資をするときほど、審査に対して慎重になるのです。10万円なら即融資可能であっても、50万円なら不可となる可能性もあります。融資可能となる場合でも、高額の希望額を設定するほど融資に時間がかかることが多いです。これは自分ごとに置き換えてみるとよくわかりますが、友人から借金を申し込まれたとき、金額が大きくなるほど悩んでしまうでしょう。1万円ならその場で貸せても、10万円となると数日は考えさせてほしいと言うかもしれません。金融機関から借りる場合も同じことが言えるので、金額は少なくしたほうがいいのです。

審査には他社からの借入件数も関係してきますが、住宅ローンなどの目的融資は件数にはカウントされません。カウントされるのはカードローンやキャッシングなど、多目的ローンに限定されます。カードローンの場合だと3件から借りるのは、かなり難しい状況となっています。昔なら5社以上から借入している人は普通にいましたが、今は総量規制という縛りがあるわけです。消費者金融から借りる場合、年収の3分の1が借入できる最高額となり、ここには他社の借入も含まれます。こうした理由から他社借入があると、カードローンの審査が難しくなってしまうのです。もし他社借入が多いなら、カードローンを一本化するなどの対策も検討しましょう。一本化しても借入総額が減るわけではありませんが、件数が減るだけでもメリットがあります。件数が減れば審査で有利となるので、カードローンの借入件数が多いときはおまとめローンでまとめることも考えてみましょう。