イーサリアムのDAPPSとは

DAPPSとは

DappsはDecentralized Applicationsの略で、分散型アプリケーションを意味します。従来のスマートフォンで使っているアプリは開発者がサーバーを用意し、ユーザーがそこにアクセスするという仕組みでした。

Dappsは仮想通貨のブロックチェーン同様にP2Pの分散型サーバーですので開発者がサーバーを用意する必要がありません。そのアプリを利用するみんなでサーバーを作るような仕組みです。

流行ったアプリはあるのか?

イーサリアム上で流行ったDAPPSはクリプトキティーズという猫を育てて売買ができるという育成ゲームです。2017年11月にリリースされ、猫の売買はイーサ(ETH)が使われるが、売上は19億円を突破しました。1匹の猫に800万円以上の価格が付くこともありました。

最近では「ワールドオブイーサー」というカードを収集して戦わせるバトルゲームが話題になっています。流れとしてはETHを使用して卵を書い、孵化させてモンスターに育てます。新種の場合は報酬がもらえるケースもあるようです。

モンターにはレベルがあり、バトルで勝てば経験値がもらえます。これを繰り返して最大50までレベルアップが可能です。

DAPPSはゲームアプリだけ?

分散型アプリはゲームだけが目立ちますが、従来のアプリが分散型を目指しているケースもあります。いまはまだ1部分だけを分散化しているだけですが、いずれほとんどの既存アプリが分散化されるでしょう。

また証明書やクラウドサービス、予測市場(競馬・カジノなど)にもスマートコントラクトは利用出来ますので仲介役がいらなくなります。仲介業者がいなくなることで公平な取引が可能になるのです。身近なところでは宝くじも、できるようになるかもしれません。

予測市場で有名な仮想通貨はGnosis(GNO)とAugur(REP)です。オーガーは日本のコインチェックでも買えますが6月まで取引を中止にしています。

まとめ

DAPPSの開発はまだまだこれからです。今現在は技術的にブラウザでしか利用できませんし、スマホアプリで使えるようになるにはまだ月日がかかりそうです。

ブロックチェーンを利用した分散型アプリが世の中を良い方向に軌道修正してくれるのは間違いない事実です。公平性のあるクリーンな社会を作って欲しいものですね。