キャッシングには、銀行系、消費者金融系、信販系、クレジット系がある。

キャッシング、と一言でいっても、これにはいろいろと種類があり、それぞれのサービス内容に違いがあるものです。ですから、ご利用の際にはそれらの特徴をよく考えて、自分の今必要としているサービスを提供しているところを選ぶ必要があるのですね。

基本的な考え方は、キャッシングというものは小口の融資が受けられ、他のローンと言われるものよりも身近で、手軽にお金を借りることができるサービスとして人気です。キャッシングの種類は、たとえば銀行系、消費者金融系、信販系、そしてクレジット系と別れるのです。

当然のことですが、それならいったいどのキャッシングがいいのか、と言う問題が出てきますね。でも、先にも述べたように、これらはそれぞれサービスに違いがあります。そのサービス内容からどこで借りればいいのかを判断することになる。

よくキャッシングの広告で、限度額いくらいくらという謳い文句を見ることがありますが、この限度額の違いも判断材料になりますね。いくらキャッシングが小口融資と言われていても、最大500万円程度の限度額を設けているところもあるくらいですから。

それでは各キャッシングの特徴をお話したいと思います。まず、銀行系のカードローンキャッシング。このキャッシングの主な利点と思われるところは、先ほど出てきた限度額ですね、この金額が比較的高いということです。一回の融資で高額なお金が必要になった場合、大変に頼りになる。ただし、こうした限度額は、必ずしも誰でもが借りられる額ではないということを理解しておきたいですね。

次に消費者金融系のキャッシング。今、キャッシングとして一番人気があるのは、この消費者金融が提供しているサービスなのではないでしょうか。その理由は、スピーディーな融資が可能であること。なによりも融資までの時間がかなり短縮できるのは嬉しい限りですね。

それから信販系のキャッシング。このキャッシングはあまり聞かないものですね。まあ、どちらかと言えば、比較的大きなローンなどを利用するときに使うのではないでしょうか。銀行系と同じように、信頼性は充分なのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です