カードローンの審査の内容を知りたい

未分類

お金を借りる場合には、消費者金融やカード会社から借りることもできますが、銀行からも借りることができます。多くの場合カードローンが用意されており、カードさえ所有していれば簡単にお金を借りることができます。ですが、申し込みをすれば必ず借り入れができるわけではなく、当然審査が必要です。審査の目的は、お金の借り入れを希望している人が、本当に借りた分のお金と金利を支払うことができるかをチェックすることです。業者としても可能な限り借りたお金は返済してもらいたいと考えていますので、返済可能性が薄い人やどう考えても返済できなさそうな人はそもそも審査に通すことはありません。審査基準は大きく分けて3種類あります。まずは本人確認です。当たり前ですが、本人でなければ借りることはできません。例えば自分の息子がお金に困っていて母親が息子名義でローンを借りようとしても、特別な事情がない限りまず貸してくれることはありません。やはり本人が来て本人であることを証明する必要があります。本人である旨を証明するためには、免許証や保険証、パスポートを必要とします。これらのどれか一つを提出すれば本人確認は終了です。

本人確認以外では在籍確認も重要になります。お金を借りるためには、安定した収入が必要です。安定した収入がなければ返済できない可能性が出てくるからです。そこで、業者の方でお金の借り入れを希望している人が勤めている会社に連絡を入れ、本当にその会社に所属しているか確かめるようにします。かつては、会社名を偽装してお金を借りた例が多く、トラブルになることが多かったことから、現在では在籍確認を行っています。信用情報を確認することも、お金を貸す上では重要です。信用情報とは、その人が過去にお金を踏み倒したり、債務整理をしていないか確認することです。信用情報の閲覧をするためには、日本に3社ある信用情報会社のうちどれか一つに問い合わせをして、過去にトラブルがなかったかなどの確認をします。問題がなければそのまま審査が通るでしょう。