カードローンにおける金利の仕組み

未分類

カードローンはカード会社と契約し、クレジットカードを手に入れることで利用できるフリーローンです。ローンには自動車ローンや住宅ローンといったものが有名ですが、カードローンには使い道が自由という大きな特徴があります限度額が30万円程度であれば、まだ就職していない学生であっても利用できるため非常に便利です。カードローンはその支払い方法によって金利が大きく変わることも大きな特徴となっています。(低金利カードローン)クレジットカードを使用して支払った額を一度に返済する一括払いでは、金利がほとんどかからないようになっており、返済総額で言えば最もお得です。

ただ、高額の買い物の際には一括払いをすることが困難なケースもあります。そこでよく利用されているのが分割払いです。分割払いでは月々に分散して返済を行う方法であり、1月あたりの負担を減らすことが出来ます。支払いの回数はカード会社にもよりますが、概ね2回から24回まで選択できることは多いです。1月につき1回の支払いを行うので、24回払いでは24ヶ月(2年)をかけて支払うことになります。支払いの回数によって金利が異なるので、その点に注意を払って何回払いにするかを決める必要があります。基本的には支払い回数が少なければ少ないほど金利が安く抑えられるので、 なるべく少ない回数で支払い切ることをおすすめします。他にも月々に決まった額を返済していくリボ払いという返済方法があります。この支払い方の場合は月々の返済額がほぼ一定であるため、負担は大きく軽減されますが分割払い以上の金利がかかることには注意が必要です。どの返済方法を選んだとしても金利は借入残高に直接かかる形で算出されます。それゆえ、月々の返済で借入残高を減せば減らすほど、実際にかかる金利は小さくなります。そのため、臨時収入などで支払える余裕が出てきた時には、思い切って借入残高を支払ってしまうことも非常に重要となります。