カードローンの審査を有利にする方法

未分類

カードローンの審査は金融機関が一方的に決めると考えている方が多いでしょうが、意外にも借り方が影響しているのです。例えば希望額を設定するのは借り手であり、10万円にするのも50万円にするのも自由です。この場合は少ない金額で申し込みしたほうが、間違いなく審査に通過できる確率は高くなります。金融機関としては高額の融資をするときほど、審査に対して慎重になるのです。10万円なら即融資可能であっても、50万円なら不可となる可能性もあります。融資可能となる場合でも、高額の希望額を設定するほど融資に時間がかかることが多いです。これは自分ごとに置き換えてみるとよくわかりますが、友人から借金を申し込まれたとき、金額が大きくなるほど悩んでしまうでしょう。1万円ならその場で貸せても、10万円となると数日は考えさせてほしいと言うかもしれません。金融機関から借りる場合も同じことが言えるので、金額は少なくしたほうがいいのです。

審査には他社からの借入件数も関係してきますが、住宅ローンなどの目的融資は件数にはカウントされません。カウントされるのはカードローンやキャッシングなど、多目的ローンに限定されます。カードローンの場合だと3件から借りるのは、かなり難しい状況となっています。昔なら5社以上から借入している人は普通にいましたが、今は総量規制という縛りがあるわけです。消費者金融から借りる場合、年収の3分の1が借入できる最高額となり、ここには他社の借入も含まれます。こうした理由から他社借入があると、カードローンの審査が難しくなってしまうのです。もし他社借入が多いなら、カードローンを一本化するなどの対策も検討しましょう。一本化しても借入総額が減るわけではありませんが、件数が減るだけでもメリットがあります。件数が減れば審査で有利となるので、カードローンの借入件数が多いときはおまとめローンでまとめることも考えてみましょう。