カードローンとは消費全般に使える多目的ローン

未分類

カードローンとはカードを使って借りる多目的ローンのことで、用途が非常に幅広いのが特徴です。多目的イコール用途不問とは少し意味が異なりますが、消費全般に使用することは可能です。他社借入金返済と事業性資金は除くなどの注意書きがあるローンもありますが、原則として生活費全般に使用することはできます。給料日までお金がないので借りたい、旅費を一時的に借りたい、自動車ローンの頭金として借りたい、といった希望には応えられます。カードローンはよくキャッシングと混合されますが、キャッシングは振込融資も含まれています。キャッシングで振込融資を受ける場合はカードが発行されないので、カードローンには該当しません。同様にカードなしで借りるフリーローンに関しても、カードローンとは呼ばないのです。カードローンとはATMで借入・返済ができるローンであり、主に消費者金融と銀行が提供しています。昔は消費者金融のシェアが9割と絶大でしたが、今は銀行の勢力も拡大してきています。

カードローンはプライバシー性の高いローンと言われますが、その理由はコンビニで借入できることにあるのです。例えば、消費者金融の無人店舗を出入りしているところを知人に見られれば、確実にお金を借りているとバレてしまうでしょう。しかし、それがコンビニATMだとお金を借りているとバレにくいのです。普通に預金口座を出金するためにコンビニATMを利用する方もいるので、バレる確率は極めて低いと考えてよいです。昔のカードローンはサラ金が提供しており、給料日までの金欠をサポートしてくれるローンとして人気を集めました。その後は高額融資路線に変わっていきましたが、現在でも使い方の基本は簡易的な借入なのです。給料日まで少しだけ借りて、給料で完済するという使い方が理想であり、そうすることで利息を抑えることができます。他のローンより金利が高めに設定されているので、なおのこと短期返済を意識する必要があるのです。