イーサリアムの今後と購入時の取引所選びについて

イーサリアムの今後

イーサリアムが予定しているアップデートがあり、それはアルゴリズムの変更です。現在はビットコインと同様の「プルーフ・オブ・ワーク」ですが、2018年夏頃に「プルーフ・オブ・ステーク」に切り替わる計画です。

アルゴリズムの変更することにより、マイニングの公平性やより分散化された安全なネットワーク構築を作ることが出来ます。イーサリアム創立者のヴィクタリック氏によれば、スケーラビリティの問題を完全になくすには後3年以上かかることを述べています。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)は電気消費が激しく効率が悪いことがよく叩かれています。その問題を解決すべくイーサリアムはアルゴリズムの変更や、アップデートを繰り返し、最適なブロックチェーンを求め続けているのです。

スケーラビリティに余裕ができると

フィンテックの専門家によれば「出来ることが広がる」という意見が出ています。最近話題の有価証券もイーサリアム上でトークンを発行してできる時代がくるのではないかと期待されています。

有価証券とは証券市場で金融商品取引法に列挙されている証券のことです。国債や社債、投資信託などが挙げられます。

国債は半年に一度金利が受け取れるので、1000万円以上銀行に資産がある方にはある程度メリットはあります。銀行は1000万円以上は補償がありません、そのために1000万円を超える預金をするより、利回りがある国債を買う方もいるのです。

仮想通貨投資をしなくても国債を買いたい50代以上の個人投資家は世界にかなりいるのではないでしょうか。それがブロックチェーンとスマートコントラクトで国債が買えれば、より信頼が増すかもしれません。

やはりDappsに期待

多くの人が使えて便利だと思ってもらえるアプリが必要である。また仮想通貨投資をしていないくても法定通貨で課金できる必要もある。あとはアプリ内でイーサリアム(ETH)に交換できれば尚更よい。

しかし現在はアップルやGoogleから出てるスマホアプリが定着している。Dappsはまだブラウザからしかアクセスが難しいのだ。この問題をクリアにしていく必要もある。

イーサリアムはどこの取引所で買うべきか

手数料をかなり抑えるのであればBINANCEが1番である。しかし初心者には少し難しいのでGMOコインかZaifの2つに絞られる。

GMOコインは初心者でも簡単に買うことができ、bitFlyerよりも安い価格で買える。出金手数料などほとんどの手数料が無料なのも嬉しい。

Zaifは板での取引になるので手数料はダントツに安い。ただ取引所のUIが分かりにくく、初心者にはやや操作が難しい。しかし操作に慣れれば重宝できる取引所なのでアカウントは作っておいた方がよい。

イーサリアム購入に関して詳しくは、参考にした記事「イーサリアムを購入するなら安い価格で入手できるZaifかGMOコインがおすすめ」が分かりやすい。ここでは書いていないが海外取引所に触れているのも良い記事だと思った。少量でもbitFlyerでは買わないように注意しておきたい。

仮想通貨NEOとは?イーサリアムとの共通点についても言及

今回は中国で産まれたイーサリアムと似た仮想通貨について書いていきます!

特徴

NEOはスマートコントラクトを使い、イーサリアムと同じようにプラットフォーム上に分散型アプリを実装することが可能です。すでにいくつかDAPPSが産まれていますが、ヒットアプリと言えるものはまだありません。

発上限枚数は100,000,000NEOでトークンはNEOとNeo Gasの2つが存在します。GasはNEOのネットワーク使用料や報酬として使わえるトークンであり、Gasの上限も1億枚です。

NEOとイーサリアムの違い

NEOはDelegated Byzantine Fault Tolerant(DBFT)と呼ばれる承認システムを採用しています。これはNEOのブロックチェーンを監視するブックキーパーという担当が投票によって数人選ばれます。

仮に選ばれても信任投票で66%以上ないとブックキーパーにはなれません。そして基準の%を満たすまで投票が行われて、ようやく決定されるのです。

ブックキーパーがブロックチェーンを監視するのと同時に、ネットワーク参加者もまたブックキーパーを監視し、信頼性を保ちます。またNEO運営チームが1億の半分を保有することで悪意ある者の価格吊り上げなどを防止しています。

イーサリアムは将来的にはプルーフオブステイクスに変える予定ですが、現在はビットコインと同じPoWです。

またイーサリアムに関わる開発者はSolidityという独自言語を覚える必要がありますがNEOはC#、VB.Net、F#、Java、Kotlinなど従来のプログラムで開発が可能です。この敷居の低さはイーサリアムより勝っているポイントと言えます。

NEOのビジョン

・2020年までにブロックチェーンで世界一となる

・政府を含めたコミュニティ力を強くする

・仲介者のいらない高い信用のブロックチェーン

イーサリアムのDAPPSとは

DAPPSとは

DappsはDecentralized Applicationsの略で、分散型アプリケーションを意味します。従来のスマートフォンで使っているアプリは開発者がサーバーを用意し、ユーザーがそこにアクセスするという仕組みでした。

Dappsは仮想通貨のブロックチェーン同様にP2Pの分散型サーバーですので開発者がサーバーを用意する必要がありません。そのアプリを利用するみんなでサーバーを作るような仕組みです。

流行ったアプリはあるのか?

イーサリアム上で流行ったDAPPSはクリプトキティーズという猫を育てて売買ができるという育成ゲームです。2017年11月にリリースされ、猫の売買はイーサ(ETH)が使われるが、売上は19億円を突破しました。1匹の猫に800万円以上の価格が付くこともありました。

最近では「ワールドオブイーサー」というカードを収集して戦わせるバトルゲームが話題になっています。流れとしてはETHを使用して卵を書い、孵化させてモンスターに育てます。新種の場合は報酬がもらえるケースもあるようです。

モンターにはレベルがあり、バトルで勝てば経験値がもらえます。これを繰り返して最大50までレベルアップが可能です。

DAPPSはゲームアプリだけ?

分散型アプリはゲームだけが目立ちますが、従来のアプリが分散型を目指しているケースもあります。いまはまだ1部分だけを分散化しているだけですが、いずれほとんどの既存アプリが分散化されるでしょう。

また証明書やクラウドサービス、予測市場(競馬・カジノなど)にもスマートコントラクトは利用出来ますので仲介役がいらなくなります。仲介業者がいなくなることで公平な取引が可能になるのです。身近なところでは宝くじも、できるようになるかもしれません。

予測市場で有名な仮想通貨はGnosis(GNO)とAugur(REP)です。オーガーは日本のコインチェックでも買えますが6月まで取引を中止にしています。

まとめ

DAPPSの開発はまだまだこれからです。今現在は技術的にブラウザでしか利用できませんし、スマホアプリで使えるようになるにはまだ月日がかかりそうです。

ブロックチェーンを利用した分散型アプリが世の中を良い方向に軌道修正してくれるのは間違いない事実です。公平性のあるクリーンな社会を作って欲しいものですね。

イーサリアムと似た仮想通貨

イーサリアムと似ているLISKとは

イーサリアムと構想が似ているとされるLISKですがどのような仮想通貨なのでしょうか。

LISKは仮想通貨としては後発組であり、2016年3月にICOが行われ上場しました。LISKはイーサリアムと同じスマートコントラクトを実装していますが、ブロックチェーン構造が全く違います。

LISKのブロックチェーンの話をする前にイーサリアムで起きたTHE DAOという事件を知って欲しいのです。

THE DAOとは

正直イーサリアムファンとしてはあまり語りたくない過去です。結果イーサリアム・クラシックと2つに分裂したのです。

THE DAOとはdecentralized autonomous organizationの略で、非中央集権という意味のプロジェクトです。DAOは非中央集権で投資ファンドを行う仕組みで、株式のように利益が出れば配当金を配るというものでした。

そしてDAOはイーサリアムのブロックチェーン上で稼働しています。イーサリアムやLISKは自身のブロックチェーン上で第三者がDAPPSという分散型アプリを形成することが出来ます。

そして2016年6月17日にDAOは脆弱性をつかれ当時のレートで43億円にあたるETHを不正送金されるという事件が起きました。もともと設定していた「28日間はアドレスから資金移動ができない」という仕組みのもとイーサリアム財団は議論します。

ブロックチェーンを事件の前まで戻してしまおうという意見と、ハードフォークして不正送金されたアドレスを凍結する意見、3つ目はなにもしないという議論でした。

結果ハードフォークすることが決まり冒頭の説明通り2つに分かれることになりました。

LISKはDAOの可能性はないのか?

LISKの最大の特徴といってもいいほどで「サイドチェーン」というブロックチェーン構造があります。サイドチェーンはメインのブロックチェーンと切り離すことによって、サイドチェーン上でTHE DAPのような不正送金が起きても本体のブロックチェーンにはなんの影響もないということです。

現在のイーサリアムの優位性位

LISKもとても素晴らしい構想の仮想通貨ですが、後発組のため開発にまだまだ時間はかかります。アプリ開発者たちに見せるブロックチェーン設計図のようなものをまだ配れていない現状があります。

一方イーサリアムは2014年からリリースされたため世界の認知度はとても高く、ビットコインにつぐ時価総額2位という位置をゆずることがなさそうだ。

しかしLISKにはjavaScriptでDAPPSが作れるという強みがある。イーサリアムは独自プログラムのSolidityで作る必要がある。既に世界中のプログラマーに浸透しているjavaScriptと比べると答えは明確だ。

2018年に大きくイーサリアムとLISKの関係が大きく変わることはないだろうが、2019年以降はわからない。計画が壮大な仮想通貨ほど未来は明るいので、その権威性は計り知れない。

イーサリアムを気に入ったわけ

イーサリアムとは

イーサリアムは仮想通貨の一種で当時19歳だったビクタリック氏が構想したコインである。イーサリアム最大の特徴はイーサリアムのブロックチェーン上に分散型アプリDAPPSが作れることだ。いまはスマートフォンには対応していないがPCやスマホブラウザで動かすことが可能である。この魅力に取り憑かれてしまった。最近では若い人たちの進化スピードが早く、そういった中からたまにこういう秀でた人間が出てくる。そんなイーサリアムの詳細を知ってときに衝撃的だった。

スマートコントラクトとは

イーサリアムが世界を変えてくれるぐらいに思ってしまった。現実にはブロックチェーンだが、そこはよしとしておいてください。さらにスマートコントラクト!これがすごい。契約の自動化なんて言われることもあり、街にある自動販売機が例に挙げられます。自動販売機とはいえ冷静に考えると取引をしています。人がお金を入れてボタンを押せばジュースが出てくる。これはすごいことなのです。

自動販売機の良さは人の手がいらないのと、ある程度の信用がありますよね。自動販売機でもお金を入れて返ってこないなんてのが続いたら誰も使いませんし、その商売が成り立ちません。

いままで企業間では信頼できる相手を探して商談するという流れがありました。スマートコントラクトが使えれば信用できる相手を探す手間がいらないのです。これはブロックチェーンの改善がしにくいという特徴があり、取引を透明化させてくれるため支払いから逃げるなんてことは不可能なのです。

またこういった契約情報はサービス側が中央集権的に保存をしていましたが、ブロックチェーンであれば自社でサーバーを用意する必要もなく大幅なコストカットができます。

まとめ

こういったことができるのはイーサリアムだけではありませんが、間違いなく先駆者はイーサリアムです。一時期は10万円以上の価格が記録されたことからも期待ができます。時価総額でもビットコインに続く第2位をキープしています。今後のイーサリアムが非常に楽しみです。

金利と即日融資はおすすめするカードローンのポイント

おすすめできるカードローンのポイントは、利息が安いことです。利息が高いと借りたお金を返すときに、苦しむことになりかねません。また、返済総額も増えてしまうので、利息が高いと損していることになります。ですから、カードローンの申し込みをするときは、利息を決める金利に注目しなければいけません。金利が安いカードローンならお金を返すときに楽になりますし、返済総額も減らせます。お金を借りても損をすることがないので、金利が低いカードローンはおすすめです。金利の次におすすめしたいのは、即日融資です。カードローンの申し込みをする人の大半は、今すぐお金が必要な人ばかりでしょう。しかし、申し込みから融資までの時間が長いと、必要な時にお金を借りることができません。現在のカードローンの多くは、即日融資に対応しています。ですから、申し込みをした当日にお金を借りるのは、難しいことはありません。しかし、即日融資を受けるためには、締め切り時刻までに申し込みを完了させる必要があります。

一般的には、WEBからの申し込みなら14時頃、店頭や自動契約機を利用するなら営業時間内が締め切り時刻です。自動契約機は夜遅くまで営業していますが、コンビニのように24時間営業ではありません。そのため、深夜や早朝は利用できないので、即日融資を受けられない可能性はあります。確実に即日融資を受けたいなら、WEB上で手続きを完了できるカードローンです。特定の条件を満たせば瞬時にお金を振り込んでくれるので、自動契約機の営業時間が終了しても、即日融資を受けることができます。即日融資にこだわらない場合でも、WEB上で全ての手続きを完了できると便利なので、おすすめすることができます。おすすめのカードローンには、他にも借りられる限度額が大きいなど、様々なポイントがあります。自分の目的に適したサービスを選ぶことによって、さらに便利に利用することができるでしょう。

カードローンの審査の内容を知りたい

お金を借りる場合には、消費者金融やカード会社から借りることもできますが、銀行からも借りることができます。多くの場合カードローンが用意されており、カードさえ所有していれば簡単にお金を借りることができます。ですが、申し込みをすれば必ず借り入れができるわけではなく、当然審査が必要です。審査の目的は、お金の借り入れを希望している人が、本当に借りた分のお金と金利を支払うことができるかをチェックすることです。業者としても可能な限り借りたお金は返済してもらいたいと考えていますので、返済可能性が薄い人やどう考えても返済できなさそうな人はそもそも審査に通すことはありません。審査基準は大きく分けて3種類あります。まずは本人確認です。当たり前ですが、本人でなければ借りることはできません。例えば自分の息子がお金に困っていて母親が息子名義でローンを借りようとしても、特別な事情がない限りまず貸してくれることはありません。やはり本人が来て本人であることを証明する必要があります。本人である旨を証明するためには、免許証や保険証、パスポートを必要とします。これらのどれか一つを提出すれば本人確認は終了です。

本人確認以外では在籍確認も重要になります。お金を借りるためには、安定した収入が必要です。安定した収入がなければ返済できない可能性が出てくるからです。そこで、業者の方でお金の借り入れを希望している人が勤めている会社に連絡を入れ、本当にその会社に所属しているか確かめるようにします。かつては、会社名を偽装してお金を借りた例が多く、トラブルになることが多かったことから、現在では在籍確認を行っています。信用情報を確認することも、お金を貸す上では重要です。信用情報とは、その人が過去にお金を踏み倒したり、債務整理をしていないか確認することです。信用情報の閲覧をするためには、日本に3社ある信用情報会社のうちどれか一つに問い合わせをして、過去にトラブルがなかったかなどの確認をします。問題がなければそのまま審査が通るでしょう。

カードローンの様々な返済方法

カードローンの返済方法にはATMや口座引き落とし、ネットバンキングなどたくさんあります。店舗の窓口で返済するのが最も基本的ですが、これらは様々なライフスタイルを持つ顧客のニーズに合わせて金融機関が用意したサービスです。ATMによる返済は専用ATMだけでなく提携しているコンビニATMも使えるので、24時間利用できます。仕事が忙しくて朝早くや夜遅くにしか自由な時間が取れない人にも適しています。コンビニは利用頻度が多い人もいますが、ATMを使うと手数料を取られることもあるので注意します。時間がない時に利用する分には手数料も大きな損失にはなりませんが、返済するたびに手数料を払っていると完済した時に手数料だけでも大金になります。

専用ATMは手数料がかからないのが一般的なので、同じATMでもお金を節約できます。口座引き落としは自動的に返済が行われるので、口座にお金が入っていれば返済を延滞する恐れがありません。カードローンは返済を1日でも遅れてしまうと、金利が高くなってしまいます。また信用情報に延滞の記録が残るので、金融機関がお金を貸すのを拒否します。将来的に住宅ローンなどを組むことを考えている人は延滞は絶対に避けるべきなので、口座引き落としが安心です。きちんと引き落とされているかは通帳を確認すれば分かるので、定期的に記帳します。家族に黙ってカードローンを利用している場合、通帳を見られて利用がバレることがあるので通帳の管理は慎重に行わなければなりません。ネットバンキングは時間や場所を気にせずに返済したい人から人気があります。パソコンやスマートフォン、タブレットとインターネットに接続できる電子機器は多いので、自分が最も手軽に扱えるものでやり取りすると良いです。ネットバンキングでも通帳に記帳するようになっているので、他人にバレたくない人は通帳とパソコンやスマートフォンの中身が見られないように工夫します。

カードローンの審査を有利にする方法

カードローンの審査は金融機関が一方的に決めると考えている方が多いでしょうが、意外にも借り方が影響しているのです。例えば希望額を設定するのは借り手であり、10万円にするのも50万円にするのも自由です。この場合は少ない金額で申し込みしたほうが、間違いなく審査に通過できる確率は高くなります。金融機関としては高額の融資をするときほど、審査に対して慎重になるのです。10万円なら即融資可能であっても、50万円なら不可となる可能性もあります。融資可能となる場合でも、高額の希望額を設定するほど融資に時間がかかることが多いです。これは自分ごとに置き換えてみるとよくわかりますが、友人から借金を申し込まれたとき、金額が大きくなるほど悩んでしまうでしょう。1万円ならその場で貸せても、10万円となると数日は考えさせてほしいと言うかもしれません。金融機関から借りる場合も同じことが言えるので、金額は少なくしたほうがいいのです。

審査には他社からの借入件数も関係してきますが、住宅ローンなどの目的融資は件数にはカウントされません。カウントされるのはカードローンやキャッシングなど、多目的ローンに限定されます。カードローンの場合だと3件から借りるのは、かなり難しい状況となっています。昔なら5社以上から借入している人は普通にいましたが、今は総量規制という縛りがあるわけです。消費者金融から借りる場合、年収の3分の1が借入できる最高額となり、ここには他社の借入も含まれます。こうした理由から他社借入があると、カードローンの審査が難しくなってしまうのです。もし他社借入が多いなら、カードローンを一本化するなどの対策も検討しましょう。一本化しても借入総額が減るわけではありませんが、件数が減るだけでもメリットがあります。件数が減れば審査で有利となるので、カードローンの借入件数が多いときはおまとめローンでまとめることも考えてみましょう。

カードローンとは消費全般に使える多目的ローン

カードローンとはカードを使って借りる多目的ローンのことで、用途が非常に幅広いのが特徴です。多目的イコール用途不問とは少し意味が異なりますが、消費全般に使用することは可能です。他社借入金返済と事業性資金は除くなどの注意書きがあるローンもありますが、原則として生活費全般に使用することはできます。給料日までお金がないので借りたい、旅費を一時的に借りたい、自動車ローンの頭金として借りたい、といった希望には応えられます。カードローンはよくキャッシングと混合されますが、キャッシングは振込融資も含まれています。キャッシングで振込融資を受ける場合はカードが発行されないので、カードローンには該当しません。同様にカードなしで借りるフリーローンに関しても、カードローンとは呼ばないのです。カードローンとはATMで借入・返済ができるローンであり、主に消費者金融と銀行が提供しています。昔は消費者金融のシェアが9割と絶大でしたが、今は銀行の勢力も拡大してきています。

カードローンはプライバシー性の高いローンと言われますが、その理由はコンビニで借入できることにあるのです。例えば、消費者金融の無人店舗を出入りしているところを知人に見られれば、確実にお金を借りているとバレてしまうでしょう。しかし、それがコンビニATMだとお金を借りているとバレにくいのです。普通に預金口座を出金するためにコンビニATMを利用する方もいるので、バレる確率は極めて低いと考えてよいです。昔のカードローンはサラ金が提供しており、給料日までの金欠をサポートしてくれるローンとして人気を集めました。その後は高額融資路線に変わっていきましたが、現在でも使い方の基本は簡易的な借入なのです。給料日まで少しだけ借りて、給料で完済するという使い方が理想であり、そうすることで利息を抑えることができます。他のローンより金利が高めに設定されているので、なおのこと短期返済を意識する必要があるのです。